KAWASAKI Z250&400

連載新車体感 ニューモデルインプレッション

No.
204
連載新車体感 ニューモデルインプレッション

誌面を“まる読み”できます!

※公開中の誌面内容はNo.204(2019年3月23日)発売当時のものになります

インプレッションの誌面を開く
次のページ
前のページ

2019年式 カワサキ Z250&Z400

 

2018年にフルモデルチェンジをはたしたニンジャ250&400に続き、その基本性能を受け継いだネイキッドモデル・Z250&Z400の新型がデビューした。これによってカワサキのミドルクラスのラインナップも充実。選択肢の広がりは喜ばしいことだ!

文:横田和彦/写真:徳永 茂

“Z”らしさに満ちた刺激的なネイキッド

Z250&400のスタイリング

※写真はZ400

Z250とZ400の違い

より高いパフォーマンスをストリートで発揮する!

2019年式 カワサキ Z400 走行

 

現在のカワサキのラインナップではフルカウルモデルには“ニンジャ”が、そしてネイキッドには“Z”の名が与えられている。同じエンジンやフレーム、足まわりなどを使用しつつ、まったく異なる個性を持ったマシンが存在するということは、選択肢が増えるのでユーザーにとってうれしいこと。カワサキはそのあたりをシッカリとフォローしてくれるメーカーである。

 

2018年、フルモデルチェンジを敢行し魅力を高めたニンジャ250と400。パフォーマンスが高まったエンジンやトレリスフレーム、足まわりなど魅力も増えた。だがスポーティな前傾姿勢にちょっと馴染めないという人や、街乗りで使うのが中心だからもっとラクなポジションがいいと考えている人など、新しいZの登場を待ち望んでいたライダーも少なくなかったはず。満を持して登場した新型Z250と400は、そんなユーザーの期待を裏切らない仕上がりだといえよう。

 

デザインはストリートファイター系のアグレッシブなもの。フロントカウルは先代のイメージを受け継ぎつつ、ヘッドライトがLED化されるなど進化している。Zの特徴となっているタンクから張り出したシュラウドは先代よりも小型化されZ専用デザインのサイドカバーへと続く。そこから跳ね上がったテールカウルまで流れるようにつながった前傾フォルムは、現代のZシリーズに共通するスタイルコンセプト・Sugomi(凄み)を実現したもの。軽二輪クラスでありながら迫力のあるシルエットなので、オーナーの所有欲も十分に満たしてくれるだろう。

 

Zの血を継ぐ兄弟モデルの走りはどちらもクラストップレベルだ!

2019年式 カワサキ Z250 走行

 

コンパクトな車体はアップハンドルによってニンジャよりも取りまわしやすくなっている。またがると目に入るメーターはZ650と共通のデザイン。デジタルながらアナログのように表示するタコメーターをセンターに据えた多機能メーターは各種情報を把握しやすい。エンジンをかけると2気筒らしいリズミカルな排気音が響く。ここではやや太く低めなサウンドの400に対し、音は軽いがアクセル操作に軽快に反応する250といった違いが感じられる。それは実際の走りにも反映されており、400はクラッチをつないだ瞬間から太いトルクが感じられ、軽量な車体をドンッと力強く押し出してくれる感覚。250はトルク感こそ薄いものの、吹け上がりの早さがそれをカバー。回転の上昇とともに速度がグイグイ乗っていくフィーリングだ。ヨーイドンすれば400の加速の方が速いのは間違いないが、その差は思ったほど大きくはないという印象。

 

ハンドリングはニンジャよりも軽快なイメージを受ける。確かにスペックで車重を見ると250は2㎏、400は1㎏ほどニンジャより軽い。しかし体感的にはもっと大きな差があるように感じる。それにはポジションが大きく影響していると考えられる。自然な高さにあるハンドルのおかげでライダーの上体が起きる。するとブレーキング時にフロントタイヤへかかる荷重が減るので、コーナーリング初期の動きが軽くなる。さらに上体が起きたことで重心位置も高くなりクイックな動きへとつながっているのであろう。

 

またこのアップライトなポジションは単にラクなだけではない。高い潜在能力を引き出しやすくもしている。そもそもストリートファイターというカテゴリーは、スーパースポーツの高性能をバーハンドル化などのカスタムによって市街地でも扱いやすくする目的があった。Zシリーズはその血筋を引いているのだから、クルマが混在する一般道であってもよりキビキビと走らせることができるのだ。

 

反面、カウルがないので速度が上がるに従いライダーへの風当たりが強くなってしまう。高速道路などを長時間移動するときはカウル付きの方が疲労は蓄積しにくい。しかしそれもオプションのスクリーンを装着することで軽減できるので、デメリットとはいいがたいのではないだろうか。

 

秘めている高いポテンシャルを、ライダーの意思がダイレクトに伝わる車体で味わう。それをより広いシチュエーションでできるのがZ250と400の持ち味だ。単にラクなだけのバイクではなく、刺激に満ちたスポーツ・ネイキッドであることが実感できた。

 

次ページ:Z400のディテール&足つきを紹介!

※記事の内容はNo.204(2019年3月23日)発売当時のものになります

この記事が気に入ったら
いいね!とフォローしよう

タンデムスタイルの最新の情報をお届けします