GASGAS EC RANGER300

GASGAS EC RANGER300

アンダー400 No.80掲載車両(2020年1月6日発売)

同じ2ストローク300㏄のECレーシング2Tよりもリーズナブルな価格設定。低中回転域のトルクを重視してエンデューロレースより山遊びに特化した仕様のECレンジャー300を試乗した

文:濱矢文夫/写真:重松浩平(Z-Studio)・吉田 朋

強烈なトルクで荒々しく進む魅惑の走りがツボにハマる!

同じスタンダードエンデューロモデルと比べて15万円ほど安い価格設定。シートもより低くなっていて、高回転域でのパンチ力を控えめにして、低中回転域でのトルクを重視したエンジン特性に変更している。それだから、よりビギナーから使える普及版のように感じるけれど、いやいやどうして。2ストローク300㏄の低速トルクは強烈で、開けると力強く突き進んでいく。

 

前後のサスペンション設定が私の体重(70㎏)ではバネが強く感じ、そのまま不用意にスロットルを開けたら、リヤタイヤは瞬時に横へスライドするじゃじゃ馬な感じ。路面状況がマディじゃなくてよかった。でも私と同様にオフロード走行を愛している人なら、きっと楽しいはず。右手の動きだけで瞬間移動するように(実際はしないけれど)加速できる楽しさ。これで前後サスペンションを自分好みに変更したら、この豊かな低中回転域をしっかりトラクションさせやすくなり、今一部の好き者の間で流行しているハードエンデューロで強い味方になりそう。

 

少し大柄に感じるけれど、重々しくはなく、動きはいたって従順だ。ただ、この2ストロークエンジンのパワーからくる瞬発力と特性は、ビギナーにはちょっとツライかも。

 

GASGAS EC RANGER300のスペック

全長×全幅×全高
2,145×810×1,200(㎜)
軸間距離
1,480㎜
シート高
940㎜
乾燥重量
108㎏
エンジン型式・排気量
水冷2ストローク単気筒・299.3㎤
最高出力
最大トルク
燃料タンク容量
9.8ℓ
タイヤサイズ
F=90/90-21・R=120/90-18
価格
96万8,000円(税込)

CONTACT

問い合わせ先
マーチ
電話番号
075-622-5115
URL
http://www.gasgastrial-japan.com

この記事が気に入ったら
いいね!とフォローしよう

タンデムスタイルの最新の情報をお届けします