GASGAS EC250

連載新車体感 ニューモデルインプレッション

No.
234
連載新車体感 ニューモデルインプレッション

この企画に登場しました!

GASGAS EC250(2022年モデル)ダート走行

1985年にスペインで生まれたオフロードブランド“ガスガス”。トライアル車を中心にオフロードシーンで存在感を放ってきた。2019年にはKTMを扱うオーストリアのピエラ・インダストリーAGの傘下に収まり、オフロードマシンをリリースし続ける。その2022年モデルの試乗会が開催されたので、エンデューロモデルの“EC250”を紹介しよう。

文:谷田貝洋暁/写真:関野 温

KTMやハスクと違う!? ワイドオープンの楽しさ

GASGAS EC250(2022年モデル)7:3ビュー

GASGAS EC250のディテール

 

GASGAS EC250の足つき&乗車姿勢

GASGAS EC250(2022年モデル)乗車姿勢
GASGAS EC250(2022年モデル)足つき
身長172㎝/体重75㎏
車体はほぼハスクバーナMCと一緒といっていいが、サスペンションの設定がちょっと硬めで着座時の沈み込みが少なくシートが高く感じる。数値もFE250よりも10㎜高い960㎜になっており、オフロードブーツだとつま先がつく程度

GASGAS EC250のスペック

全長×全幅×全高
―×―×―(㎜)
軸間距離
―㎜
シート高
960㎜
車両重量
約105.8㎏(半乾燥)
エンジン型式・排気量
水冷2ストローク単気筒・249㎤
最高出力
―kW(―㎰)/―rpm
最大トルク
―N・m(―kgf・m)/―rpm
燃料タンク容量
8.5ℓ
燃費(WMTC)
―㎞/ℓ
タイヤサイズ
F=90/90-21・R=140/80-18
価格
116万8,000円(税込)

GASGAS EC250 製品ページ(英語)

CONTACT

問い合わせ先
マーチ
電話番号
075-622-5115
URL
http://www.gasgastrial-japan.com

※記事の内容はNo.234(2021年9月24日)発売当時のものになります

より詳しいインプレッションは本誌をチェック!

この記事が気に入ったら
いいね!とフォローしよう

タンデムスタイルの最新の情報をお届けします