“スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

ホンダ スーパーカブ110

 

突然ですが、「ホンダを代表するバイクを現行機種から1台選んで欲しい!」と言われたら、皆さんは何を思い浮かべるでしょうか? 多くの人が教習所でお世話になったであろうCB400 SUPER FOUR? それともフラッグシップモデルのGold Wingシリーズ? あるいはサーキット性能を極限まで突き詰めたCBR1000RR-R FIREBLADE SPでしょうか?

 

その答えは人それぞれだと思いますが、僕なら悩んだ末にスーパーカブと答えます。釣りの世界には「フナに始まり、フナに終わる」なんて言葉があるようです。生まれて初めて釣った魚はフナで、それから趣味として色々な魚を釣っても最後は再びフナ釣りに戻る……という意味ですが、バイクの世界でも「スーパーカブに始まり、スーパーカブに終わる」というライダーも多いようですが、そこまで走り続けられたらどんなに素晴らしい人生でしょう。

 

…なんてことを書いているわたくしは、スーパーカブ110プロ(JA10)とクロスカブ110(JA45)のオーナーだったりします! 今回はちょっとそんなスーパーカブファンである僕の目線で“スーパーカブの世界”をちょっとだけ紹介させてください!

 

ホンダ スーパーカブ110
スーパーカブ110

こんなにスゴイぞ、スーパーカブ!

“乗る人を選ばない親しみやすさ”に、“簡単操作の自動遠心クラッチ”、そして“優れた燃費性能”と“信頼性の高さ”などなど。スーパーカブの魅力はいくらでも出てきますが、ファンである僕がいくら「スーパーカブはすごいんです!」と声を大にしたところで、所詮はファンのたわ言にしか聞こえないでしょう。ということでまずは、誰もが“あっと驚くような”スーバーカブのすごいトコロを3つに絞って紹介していきます!

60年以上の歴史がある!

始まりのスーパーカブ『C100』が登場したのは1958年。実に今から60年以上前のことなんです。ここまで長い歴史を持っているバイクはホンダのモデルのなかでもスーパーカブくらいです。長年その名が受け継がれている“CB”であっても、その名が歴史に登場するのは1959年のことでスーパーカブの方が1年先輩。スーパーカブというモデルはホンダの中で最も長く売られているロングセラーモデルなんです。

 

ホンダ スーパーカブ C100
空冷4ストロークOHV単気筒49cc、4.5馬力のエンジンを搭載して登場したC100。スーパーカブの長い歴史はここからスタートしました。

 

それだけ歴史の長いモデルですから、これまでたくさんの種類のスーパーカブが売られてきました。なので世の中には“スーパーカブ”と名の付くバイクがたくさんあるわけですが、オーナーの間では混乱を避けるために愛車の車名と合わせて“型式”も覚えておくのが慣わしになっているくらい。僕の場合、スーパーカブ110プロ(JA10)とクロスカブ110(JA45)になるわけですが、カッコの中のJA10やJA45というのが型式になります。「スーパーカブ110プロのJA10に乗ってるんですよ~」というと、「あ、中国工場生産の時代のスーパーカブ110プロですね! 僕のは熊本工場生産になってからのJA45のクロスカブです」というふうに話が早いんです。

全世界での生産累計台数が1億台を超えている! …全文を読む | HondaGOバイクラボ

この記事が気に入ったら
いいね!とフォローしよう

タンデムスタイルの最新の情報をお届けします