TRICITY125に続く、LMWシリーズの第2弾 TRICITY155が登場!

ヤマハより、LMW(リーニング・マルチ・ホイール)の第2弾モデルとなるトリシティ155が発表された。 ベースモデルとなるのは2014年9月より国内での販売を開始したトリシティ125。そこへ、最高出力で11.1kW(15ps)/8,000rpm、最大トルクで14.4N・m(1.4kgf・m)/6,000rpmを発揮する155ccの水冷4ストローク OHC 4バルブ 単気筒エンジンを搭載している。

ルックスだけを見ると、トリシティ125との違いをあまり感じられないが、エンジンの出力向上に伴い、剛性アップした新設計のフレームや130/70-13へとサイズアップしたリヤタイヤ(トリシティ125は110/90-12)などを採用。さらに、LEDヘッドライトやフットボードの拡大によるゆったりとしたポジション、23.5ℓの容量を確保したシート下トランク(トリシティ125は20ℓ)、DCアウトレット付きの小物入れ、パーキングブレーキなどを標準装備としている。 まずは2016年9月より欧州での販売を開始し、その後日本やアジアなどでも順次販売される予定だという。

 

COLOR VARIATION

 

TRICITY125と見比べてみると

画像左がトリシティ155。パッと見ただけでは、トリシティ125との大きな印象の変化は感じられない。しかしながら、リヤホイールの13インチ化や、新形状のシートやフットボード、LEDヘッドライトなどによって、差別化が図られている。

 

 

 

SPECIFICATIONS

車名(通称名) TRICITY155
全長×全幅×全高 1,980×750×1,210(mm)
軸間距離 1,350mm
シート高 780mm
車両重量 165kg
エンジン種類 水冷4ストローク OHC 4バルブ 単気筒
総排気量 155cm3
内径×行程/圧縮比 58×58.7(mm)/10.5
最高出力 11.1kW(15ps)/8,000rpm
最大トルク 14.4N・m(1.4kgf・m)/6,000rpm
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量 7.2ℓ
エンジンオイル容量 1ℓ
潤滑方式 ウェットサンプ
燃料供給方式 フューエルインジェクション
始動方式 セルフ式
点火方式 TCI(トランジスタ式)
クラッチ形式 乾式, 遠心, シュー
トランスミッション形式 V ベルト式無段変速/オートマチック
タイヤサイズ 90/80-14
130/70-13
ブレーキ形式 Φ220mmダブルディスク&油圧式キャリパー
Φ230mmシングルディスク&油圧式キャリパー
懸架方式 正立フロントフォーク
ユニットスイング
乗車定員(人)  2
メーカー希望小売価格 未定

 

ヤマハ発動機お客さま相談室

0120-090-819

http://www.yamaha-motor.co.jp/mc

この記事が気に入ったら
いいね!とフォローしよう

タンデムスタイルの最新の情報をお届けします