CRF250Lベースのモタード・CRF250M。違いはホイールサイズだけにあらず!

CRF250Lの登場から1年ほどが経過した2013年4月25日に販売が開始されたCRF250M。 エンジンやフレームなどの基本的なシャシー構成はCRF250Lと共通としつつ、見てのとおり、前後17インチホイールを採用したモタードスタイルが与えられている。CRF250Lのフロント3.00-21・リヤ120/80-18サイズのタイヤから、フロント110/70-17・リヤ130/70-17サイズに変更されるとともに、リヤショックのリセッティングなどの変更を実施。ちなみに、車両重量はCRF250L比で2kg重い145kgだ。 ホイールサイズの変更、サスペンションのリセッティングに加え、オンロード走行を意識した変更として、フロントブレーキのディスクローターはCRF250L比でΦ40mm大径のΦ296mmとすることで、制動力の向上が図られている。また、キャスター角がCRF250Lの27°35’からCRF250Mでは、25°45’に変更され、より軽快なハンドリングを楽しめるように。細かな点では、ファイナルもロング化(2.857→2.785)されている。

 

 

足着き性はどうなの?

ホイールサイズのダウンにともない、シート高もCRF250L比で20mm低い855mmとなることで、足着き性も向上している。一般的な体格の成人男性(モデルは身長172cm・体重68kg)であれば、両足のカカトが浮く程度の足着き性だ。また、シート高のダウンにともない、最低地上高もCRF250L比で30mm低い225mmとなっている。

 

CRF250Lと見比べてみると

ホイールサイズとブレーキローター径以外に違いはないと思うところだが、見比べてみるとCRF250Mはフレームとスイングアームがブラックに変更されていることがわかる。また、キャスター角の違いも目で見てハッキリとわかる。

 

COLOR VARIATION

2013年モデル

 

2016年モデル

 

SPECIFICATIONS

車名(通称名) CRF250M(2016年)
型式 JBK-MD38
全長×全幅×全高 2,125×815×1,150(mm)
軸間距離 1,445mm
最低地上高 225mm
シート高 855mm
車両重量 145kg
燃料消費率 WMTCモード値 44.3km/ℓ
定地燃費値 32.5km/ℓ
エンジン種類 水冷4ストロークDOHC 4バルブ 単気筒
総排気量 249cm3
内径×行程/圧縮比 76×55(mm)/10.7
最高出力 17kW(23ps)/8,500rpm
最大トルク 22N・m(2.2kgf・m)/7,000rpm
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量 7.7ℓ
潤滑方式 圧送飛沫併用式
燃料供給方式 フューエルインジェクション
始動方式 セルフ式
点火方式 フルトランジスタ式バッテリー点火
クラッチ形式 湿式多板
トランスミッション形式 常時噛合式6段
ギヤ・レシオ 1速 3.333
2速 2.117
3速 1.571
4速 1.304
5速 1.115
6速 0.962
一次減速比/二次減速比 2.807/ 2.785
キャスター/トレール 25°45’/ 71mm
タイヤサイズ 110/70-17 54S
130/70-17 62S
ブレーキ形式 Φ296mmシングルディスク&片押し2ピストンキャリパー
シングルディスク&片押し1ピストンキャリパー
懸架方式 インナーチューブ径Φ43mm 倒立フロントフォーク
スイングアーム,シングルリヤショック
フレーム形式 セミダブルクレードル
乗車定員(人) 2
メーカー希望小売価格 50万3,280円

 

ホンダお客さま相談センター

0120-086819

http://www.honda.co.jp/motor

この記事が気に入ったら
いいね!とフォローしよう

タンデムスタイルの最新の情報をお届けします