バイク用語辞典

  • 油圧

    エンジン内部を潤滑、清掃、冷却、密閉するエンジンオイルはオイルポンプによって圧力をかけ、各部に送られている。この油圧が低くなるとオイルが行き渡りらなくなり、焼き付きなどの原因となる。なお、パスカルの原理を利用して力を増幅させるディスクブレーキのことも油圧式というが、エンジンオイルの油圧とはまったく別物。

  • 輸出モデル

    国内メーカーが輸出用に作ったモデルのこと。輸出先の国の規制や仕様を考えて作られているため、同じ車種でも国内モデルと比べると馬力などに差があったりする。

  • 油冷

    走行風とエンジン内部を循環しているオイルでエンジンの冷却を行なう方式のこと。オイルクーラーや冷却ファンなどによって熱を放出している。スズキのGSX1400などがこれにあたる。

  • ユーザー車検

    総排気量250cc超の車両に義務付けられる車検の手続きを、ショップなどに代行してもらわず自分で行なうこと。費用を安く上げられるが、バイクメンテナンスに対する知識と技術、普段からの整備が不可欠。ビギナーはショップに頼んだ方が無難。