HARLEY-DAVIDSON XL883N IRON883

連載新車体感 ニューモデルインプレッション

No.
165
連載新車体感 ニューモデルインプレッション

企画を“まる読み”できます!

※公開中の誌面内容はNo.165(2015年12月24日)発売当時のものになります

インプレッションの誌面を開く
次のページ
前のページ
no165_xl883_01

大排気量にはない“気軽さ”が最大の魅力!

ハーレーダビッドソンがリリースした2016年モデルのなかで、とくにビギナー向けと思われるマシンをインプレッションしてきた。今回は最後となるアイアン883だ。排気量こそ他モデルと比べて小さいが、小排気量ならではの魅力を探ってみた。

no165_xl883_02

一見するとスピードのみに見えるが、液晶部分にさまざまな情報が表示される。オド・トリップ×2・時計・ギヤポジション&タコとなり、左スイッチボックスのボタンで切り替え可能

no165_xl883_03

ガソリンタンク容量は12.5リットルとなり、実走による燃費は14.2km/リットル。航続距離は177kmほど。写真はハードキャンディーカスタムゴールドフレークで、他に3色展開する

no165_xl883_04

2016年モデルからタックロール表皮に変更された。内部のウレタンが柔らかく、着座すると沈み込む。そのためもあってか、加減速時のGで体が前後することはなかった

no165_xl883_05

今回見直されたリヤショック。またがったときはストロークしなかったが、走り出せば仕事をしていた。ちなみに減衰力の調整はできないが、プリロード調整は行なえる

SPECIFICATIONS※[ ]内はABS仕様

全長
2,215mm
軸間距離
1,515mm
シート高
775mm
車両重量
247kg
エンジン型式・排気量
空冷4ストロークOHV2バルブV型2気筒・883cm3
最大トルク
67N・m/4,000rpm
タンク容量
12.5L
価格
119万円(モノトーン)・121万2,000円(ハードキャンディーカスタム)

※記事の内容はNo.165(2015年12月24日)発売当時のものになります