HARLEY-DAVIDSON ヘリテイジクラシック 114/107

連載新車体感 ニューモデルインプレッション

No.
187
連載新車体感 ニューモデルインプレッション

誌面を“まる読み”できます!

※公開中の誌面内容はNo.187(2017年10月24日)発売当時のものになります

インプレッションの誌面を開く
次のページ
前のページ

 

フレーム&エンジンの大改修を行なって登場した2018年モデルのソフテイルファミリー。スペインのバルセロナにおいて、プレス向け国際試乗会が開催された。タンスタ編集部からは、やたぐわぁがファットボブ、ブレイクアウト、ストリートボブ、ヘリテイジクラシックの4台に乗ってきた。

 

ゆったり流すのも楽しい。それが新型ソフテイルファミリー

ニューソフテイルシリーズのヘリテイジクラシックをスペインで試乗インプレッション

 

ハーレーダビッドソンのニューソフテイルシリーズ4機種試乗の最後は、ヘリテイジクラシック。車重も330kgと新型ソフテイルファミリーのなかでも一番重く、先代のソフテイル系のクラシックテイストの強いキャラクターであるハズなのだが…、やはりこのハーレーもよく曲がるように作られている。

 

ワインディングはもちろん、街中を走っていても車体の重さをまったく感じない。車格が先代に比べてふたまわりぐらいコンパクトになった…、そんな印象すら受ける。もちろんこれは見た目ではなく、走りにおける軽快感の話。先代のヘリテイジ系では絶対にやりたくない…と多くの人が思うであろう低速Uターンだって、ヘリテイジクラシックならお手のモノ。途中からハンドルが強く切れ込むようなこともなければ、フレームが重さに負けてよれ出したときにおこる妙な不安定感もない。調子にのってフルロックUターンにも挑戦してみたが、これがなかなか行けるクチなのだ。

さて新型ソフテイルの旋回特性は、めいっぱい味わうことなったが、最後に忘れちゃいけないのが、ハーレーダビッドソンらしいのか?ということだ。まさかハーレーダビッドソンの記事でここまでコーナリング特性に誌面を使うことになると思わなかったが、それをふまえてハーレーらしさはしっかり残っていると断言できる。回転数でいえばやはり6速3,000回転以下。コーナリング合戦で湧き出たアドレナリンを散らしながら、3拍子サウンドに身をまかせていると、やはり“ゆったり流す”ことにこそハーレーのアイデンティティがあると再認識させられる。なんともいえない心地よいハーレーらしさ。前述のファットボブの記事では、長年かけて築き上げてきた日本車のコーナリング性能を引き合いに出してしまったが、逆もまた然り。国内メーカーにこの味わいは作れない。

 

 

ヤタガイ ヒロアキさんの投稿 2017年9月30日土曜日

 

HERITAGE CLASSIC 114/107のディテール紹介

 

HARLEY-DAVIDSONのheritageclassicをワインディングでインプレッション
ニューソフテイルシリーズのヘリテイジクラシックは、ここまでコーナーで寝かせられる。今までのハーレーダビッドソンとは一線を画すコーナリング特性だ

SPECIFICATIONS※〔〕内は107

全長×全幅×全高
2,415×930×─mm
軸間距離
1,630mm
シート高
680mm
車両重量
330kg
エンジン型式・排気量
空冷4ストロークOHV 2バルブ V型2気筒・1,868〔1,745〕cm3
最高出力
最大トルク
155N・m(15.8kgf・m)/3,000rpm〔145N・m(14.7kgf・m)/3,000rpm〕
タンク容量
18.9L
価格
ビビッドブラック273万3,000円〜/モノトーン283万5,000円〜/ツートーン・アニバーサリーカラー287万3,000円〜〔ビビッドブラック251万8,000円〜/モノトーン256万6,000円〜/ツートーン259万8,000円〜〕(税8%込)
メーカー製品ページ

https://motorcycles.harley-davidson.com/jp/ja/motorcycles/2018/softail/heritage-classic.html

CONTACT

問い合わせ先
ハーレーダビッドソンジャパン カスタマーサービス
電話番号
0800-080-8080
URL
https://www.harley-davidson.com/jp/ja/index.html

※記事の内容はNo.187(2017年10月24日)発売当時のものになります

この記事が気に入ったら
いいね!とフォローしよう

タンデムスタイルの最新の情報をお届けします