HARLEY-DAVIDSON ローライダー

連載新車体感 ニューモデルインプレッション

No.
206
連載新車体感 ニューモデルインプレッション

誌面を“まる読み”できます!

※公開中の誌面内容はNo.206(2019年5月24日)発売当時のものになります

インプレッションの誌面を開く
次のページ
前のページ

HARLEY-DAVIDSON LOW RIDER 走行

文:岩崎雅考/写真:武田大祐

時代を乗り越える質実剛健さが頼もしい

LOW RIDERのスタイリング

HARLEY-DAVIDSON LOW RIDER サイドビュー

 

エンジンフィールが心地よさを演出する

いわゆるハーレーらしいハーレーである。近年ハーレーもさまざまな方向性をもって発展しているけれど、昔ながらのザ・ハーレーというスタイリングを前面に押し出しているのが、このローライダーなのだ。

 

またがって最初に感じるのは、ポジションの特異性。まるで深いイスに腰かけたような状態になるので、ライディングするのは難しいのかもと最初は思ったのだが、実際に走り出すと意外とマシンをコントロールしやすい。“タイトなUターンなんかは苦手かな?”と思いきや、足がベタ着きで、またがったまま足を使った方向転換がラクラクできる。さらに慣れてくると、長距離を走るのに意外といいかもと思えてきた。それくらい気負わず乗ることのできるポジションなのだ。

 

エンジン排気量が1745㏄もあるので、“扱いにくいのでは?”と思いきや、スロットルをガバッと開けない限りは、いたってマイルドな印象だ。ただ、マイルドといっても走行性能の話で、その独特なエンジンフィーリングはガンガンと乗り手を刺激してくれる。いわゆるハーレーらしいドコドコ感が心地よくて、スピードを出すことなく楽しめるバイクだといえる。とはいえ、スロットルを勢いよく開ければ、パワフルな加速を見せてくれ、それはそれで楽しい。

 

フィーリングとともに、この車両の魅力となっているのが、その質感だといえる。独自開発したパーツで構成された車体は、まさに“鉄馬”と呼ぶにふさわしい重厚感で、そのエンジンからの鼓動とともにライダーの所有欲を満たしてくれるのだ。

 

LOW RIDERのディテール

 

LOW RIDERの足つき&乗車ポジション

HARLEY-DAVIDSON LOW RIDER 足つき&乗車ポジション
身長171㎝/体重68㎏
両足を下ろすとカカトまでベタ着きなうえヒザにもかなりの余裕がある。ミドルコントロールのステップにより、ちょこんと座ったような独特なポジションを作り出す

 

SPECIFICATIONS

全長×全幅×全高
2,355×─×─(㎜)
軸間距離
1,630㎜
シート高
690㎜
車両重量
300㎏
エンジン型式・排気量
空冷4ストロークOHV 4バルブ V型2気筒・1,745㎤
最高出力
最大トルク
145N・m(14.7kgf・m)/3,000rpm
燃料タンク容量
18.9ℓ
燃費(WMTC)
タイヤサイズ
110/90-19(F)・180/70-16(R)
価格
201万2,900円〜(ビビッドブラックのみ)、205万4,900円〜

LOW RIDER 製品ページ

CONTACT

問い合わせ先
ハーレーダビッドソンジャパン カスタマーサービス
電話番号
0800-080-8080
URL
https://www.harley-davidson.com/jp/ja/index.html

※記事の内容はNo.206(2019年5月24日)発売当時のものになります

この記事が気に入ったら
いいね!とフォローしよう

タンデムスタイルの最新の情報をお届けします