HARLEY-DAVIDSON ストリートボブ 107

連載新車体感 ニューモデルインプレッション

No.
187
連載新車体感 ニューモデルインプレッション

誌面を“まる読み”できます!

※公開中の誌面内容はNo.187(2017年10月24日)発売当時のものになります

インプレッションの誌面を開く
次のページ
前のページ

 

フレーム&エンジンの大改修を行なって登場した2018年モデルのソフテイルファミリー。スペインのバルセロナにおいて、プレス向け国際試乗会が開催された。タンスタ編集部からは、やたぐわぁがファットボブ、ブレイクアウト、ストリートボブ、ヘリテイジクラシックの4台に乗ってきた

意外なコーナリング性能が楽しい

ハーレーダビッドソンのストリートボブをスペインで試乗インプレッションこのエイプハンドルは、どう考えたって明らかに曲がりにくいだろう? プレス試乗会の先導ライダーとのコーナリング合戦がヒートアップしたところで、ファットボブからこのストリートボブに乗り替えることになった。
先導ライダーについていけない…、そんな杞憂もあったが、走り出してみれば意外や意外。わりと素直なコーナリングをしてくれる。もちろん、ライディングフォームは見た目どおりの“バンザイスタイル”だから、ハンドル頼りのフロント荷重はあまり期待できない。

 

コーナーの直前でアクセルオフとわずかにフロントブレーキを使ってフォークを沈ませてフロントタイヤのグリップを確保。そのままスムーズにアクセルONして、フォークの沈み込みをキープ、つまりタイヤを路面にグッと押し付けたままトラクションをかけてやれば面白いほどアクセルが開けられる。

 

また今回の試乗で、ストリートボブは唯一の107系(1,745cc)エンジンの試乗であったが、やはり扱いやすさにおいて123ccの差がキチンと出るのもおもしろい。114系(1,868cc)エンジンは、ちょっとトルクを持て余す場面があるのだ。エイプハンドルでカスタムテイストが強いストリートボブでは後輪が流れたときのリカバリーが難しい。114系エンジンの設定がないのも納得である。

 

 

 

ヤタガイ ヒロアキさんの投稿 2017年9月29日金曜日

 

STREET BOB 107のディテール紹介

SPECIFICATIONS

全長×全幅×全高
2,320×865×─mm
軸間距離
1,630mm
シート高
680mm
車両重量
297kg
エンジン型式・排気量
空冷4ストロークOHV 2バルブ V型2気筒・1,745cm3
最高出力
最大トルク
145N・m(14.7kgf・m)/3,000rpm
タンク容量
13.2L
価格
ビビッドブラック179万9,000円〜/モノトーン184万1,000円〜/ツートーン187万9,000円〜(税8%込)
メーカー製品ページ

https://motorcycles.harley-davidson.com/jp/ja/motorcycles/2018/softail/street-bob.html

CONTACT

問い合わせ先
ハーレーダビッドソンジャパン カスタマーサービス
電話番号
0800-080-8080
URL
https://www.harley-davidson.com/jp/ja/index.html

※記事の内容はNo.187(2017年10月24日)発売当時のものになります

この記事が気に入ったら
いいね!とフォローしよう

タンデムスタイルの最新の情報をお届けします