HONDA CB250R

特集エンジン大解説/実走編:単気筒

No.
203
特集エンジン大解説/実走編:単気筒

この企画に登場しました!

HONDA CB250R 市街地走行イメージ

シングルの軽快性にスポーティな性格を付与

近未来的なデザインを取り込んだ新世代のネイキッドモデル・CB250R。熟成が進んだ単気筒エンジンはスポーティな特性で、軽量な車体を元気に走らせる。

 

CB250Rのスタイリング

 

トルクフルで扱いやすいDOHC単気筒エンジン

“市街地でファンライドできること”を追求して、軽量コンパクトで低中速トルクの特性にすぐれた単気筒エンジンを採用。ピックアップにすぐれていて、交差点や混み合った道もキビキビと駆け抜けることができる。単気筒エンジンの特性として回転を上げると細かい振動が発生するが、長時間でなければ不快に感じない

 

HONDA CB250R エンジン

 

CB250Rのディテール

 

SPECIFICATIONS※[ ]内はABS仕様

型式
2BK-MC52
全長×全幅×全高
2,020×805×1,050(㎜)
軸間距離
1,355㎜
シート高
800㎜
車両重量
142[144]㎏
エンジン型式・排気量
水冷4ストローク DOHC4バルブ単気筒・249㎤
最高出力
20kW(27㎰)/9,000rpm
最大トルク
23N・m(2.3kgf・m)/8,000rpm
燃料タンク容量
10ℓ
燃費(WMTC)
33.7㎞/ℓ
価格
50万3,280円[55万4,040円](税8%込)

CB250R製品ページ

CONTACT

問い合わせ先
Hondaお客様相談センター
電話番号
0120-086819
URL
https://www.honda.co.jp/motor/

※記事の内容はNo.203(2019年2月23日)発売当時のものになります

より詳しいインプレッションは本誌をチェック!

この記事が気に入ったら
いいね!とフォローしよう

タンデムスタイルの最新の情報をお届けします