バイク用語辞典

  • 最高出力/最大トルク/rpm

    エンジンが発揮する出力(馬力)・トルクの最大値。この数字が大きいほどパワーのあるマシンということになる。rpmは1分間当たりのエンジン回転数のこと。

  • サイドカバー

    シートの下、車体の横に付いているカバーのこと。中はエアクリーナーボックスになっていたりバッテリーが入っていたり、モデルによってさまざま。

  • サイドスタンド

    左のステップの下辺りにある(ごくまれに右に付いているモデルもある)、バイクを停めるとき倒れないようにする支えのこと。多くのバイクは、安全のためにサイドスタンドが出たままギヤを1速に入れるとエンジンが止まるようになっている。

  • サイドバッグ

    リヤシートのサイドに設置するバッグのこと。そのため、タンデムでも荷物を積載することができる。

  • サイレンサー

    マフラーの後端部で排気音を小さくするパーツ。メガホンタイプや円筒状など、形状はさまざま。

  • サスペンション

    懸架装置ともいい、路面からの衝撃を吸収する衝撃緩衝機構のことを指す。パーツとしてはフロントフォークスイングアームリヤショックがその部分にあたり、タイヤと車体を支持・固定するための役割も兼ねている。

  • サドルシート

    かつてラインナップしていたエストレヤカスタムやアメリカンの一部の車種に採用されているような鞍型のシートのこと。タンデムシートは分離している。

  • サービスエリア(SA)

    地図上では「SA」と略記される。高速道路や自動車専用道路などに約50kmごとに設置されている休憩施設で、駐車場やトイレ、レストラン、売店、ガソリンスタンドなどが設けられている。なかには宿泊施設や入浴施設がある場所も。一般的にはパーキングエリアよりも規模が大きいものを指す。

  • サービスマニュアル

    1台のバイクの整備方法を簡略に解説した本のこと。バイクショップもこれを見て作業をする場合が多い。

  • サーモスタット

    水冷エンジンなどに付いている装置。つねにエンジンを適温状態に調節するために、水温が低いときは水路を狭めて冷却水の量を減らし、逃がす熱の量を少なくする。逆に水温が高くなると水路を広げて積極的な放熱をうながす。