KYMCO AK550

連載新車体感 ニューモデルインプレッション

No.
184
連載新車体感 ニューモデルインプレッション

この企画に登場しました!

“旅のスリル”を存分に楽しめる性能と装備

時代とともに進化する技術のおかげで、スクーターの走行性能は飛躍的にアップした。そんなハイパフォーマンスなビッグスクーターに新たに加わるAK550。一足早く台湾にて試乗してきたぞ。

 

ハンドル下のダッシュボード左右にフタでカバーできるフロントボックスが設置される。左側には電源出力用のUSBポートがあり、スマートフォンの充電やハンドルまわりに設置する電子機器への電源供給に役立つ

キーレスエントリーを採用。認証キーを身に付けて、ハンドルの手前に設置されたダイヤルタイプのスイッチを回せば簡単に車両を起動させられる。携帯する認証キーにもオン・オフのスイッチが用意されている

ハンドルスイッチボックスにさまざまな機能をコントロールするスイッチ類が集中する。左側では、走行モードの切り換えやグリップヒーターの温度調整、右側ではヌードーの画面切り換えなどが可能

SPECIFICATIONS

全長×全幅×全高
2,165×795×1,400mm
軸間距離
1,580mm
シート高
785mm
車両重量
226kg
エンジン型式・排気量
水冷4ストロークDOHC 4バルブ 並列2気筒・550.4cm3
最高出力
39.3kW(53.5ps)/7,500rpm
最大トルク
55.64N・m(5.6kgf・m)/5,50rpm
タンク容量
15L
国内導入時期
今秋から年内
価格
130万円前後(本誌予想)
メーカーサイト

http://www.kymcojp.com/

※記事の内容はNo.184(2017年7月24日)発売当時のものになります

より詳しいインプレッションは本誌をチェック!