KYMCO RACING S 150

連載新車体感 ニューモデルインプレッション

No.
189
連載新車体感 ニューモデルインプレッション

誌面を“まる読み”できます!

※公開中の誌面内容はNo.189(2017年12月22日)発売当時のものになります

インプレッションの誌面を開く
次のページ
前のページ

 

好調な販売を記録する150㏄クラスのスクーターにキムコから新たなモデルが投入された。PCX、マジェスティSに比べてコンパクトな車体がもたらす走行性能やいかに? その実力をチェックしてみたぞ

写真・文:岩崎雅考

 

コンパクトな車体ならではのキビキビとした動きが魅力

使い勝手のよさも十分に考慮された仕様

シート下にフレームが露出し、そのフレームにボルト付けされている華奢なタンデムステップ&ステーがレーシーな雰囲気を強調するスポーティなモデルである。すでに発売されている125と同じ外観なので、排気量がアップされた分車重は増えるかよくても同じになると思われるが、なんと3.1㎏の軽量化をはたしているのだ。そのあたりからも、キムコのこの車両にかける意気込みが伝わってくる。

 

エンジンに目を向けると、油圧を用いた可変バルブタイミング機構が採用されている点が一つの特徴といえる。6500回転で、吸気側カムシャフトのバルブリフト量が大きく、さらにオーバーラップの長いモノに切り替えることで、吸気量が増すようになっているのだ。こういった機構が採用されると、その変化が体感できることを期待してしまうけれど、残念ながらハッキリ感じることはできなかった。とはいえ、そのエンジンフィーリングはスムーズかつパワフルで、ネーミング&スポーティな外観に見合った出力特性だといえる。硬めのサスペンション設定で十分な剛性が確保された、ハイドロフォーミングフレームを用いるコンパクトかつ軽量な車体ということもあって、普通にアクセルを開ければ、幹線道路で交通の流れを一歩以上リードする軽快な加速を見せ、その勢いがおとろえることなく回転数と速度が増していき、あっという間に一般道の制限速度に逹する。もちろんそこからもその加速力は変わらず、そのまま速度を上げて高速道路の走行も可能だ。ただ、さすがに高速域からの加速は厳しいのと、ノーマルのままだとスクリーンがなくてライダーがもろに走行風を受けるので、高速走行で距離をかせぐのはきびしい。それでも、制限速度の低い都市高速であれば追い越しもかけられるので、150㏄のメリットを存分に感じられることは間違いない。

 

速度が出ればそれをコントロールしなきゃならないわけで、それを担うブレーキはフロント・リヤともに効き具合がわかりやすく、さらに絶対的な制動力も車体に見合った十分なもの。いわゆる扱いやすいブレーキといえるだろう。走行性能で唯一気になったのは、サスペンションの味つけで、ギャップが多い路面を走るとその固さが気になることがあった。

 

ここまで記したように、走りのパフォーマンスはかなりスポーティなのだが、シート下トランクの容量がしっかりと確保され、その形状も使いやすかったり、充電用のUSBポートが装備されているなど、使い勝手もしっかりと考慮されている。スマートフォンの情報をメーターに反映してくれるNoodoe(ヌードー)が標準装備されているあたりも、利便性という点ではかなり魅力的だ。

RACING S 150のディティール紹介

 

下の動画はAK550だが、このレーシングS150にも、Noodoe(ヌードー)が装備されており、同様のナビ画面表示などのサービスの利用が可能だ。

RACING S 150の足つき&乗車ポジション

身長158㎝/体重54㎏
片足はベタ着き。フラットなステップボードのおかげで、乗り降りもしやすい。両足は指の付け根までしか接地しないけれど、原付並みに軽いため“乗車姿勢のままバック”なんて場面も問題ナシ。ウデの距離もちょうどいい
ライダー:身長171㎝/体重65㎏ タンデマー:身長158㎝/体重54㎏
ライダーとタンデマーの間にしっかりと段差があり、それによって座るスペースがお互いに確保されている。タンデムシートは狭すぎず、座り心地も○。両側にあるグラブバーは太さもしっかりしていてにぎりやすかった

 

SPECIFICATIONS

全長×全幅×全高
1,855×750×1,100(㎜)
軸間距離
1,270㎜
シート高
790㎜
車両重量
128㎏
エンジン型式・排気量
空冷4ストロークOHC4バルブ単気筒・149㎤
最高出力
10.1kW(13.8㎰)/7,500rpm
最大トルク
燃料タンク容量
5.7ℓ
価格
33万4,800円(税8%込)
メーカー製品ページ

http://www.kymcojp.com/raicing_s150.html

CONTACT

問い合わせ先
キムコジャパンお客様相談室
電話番号
0120-046-165
URL
http://www.kymcojp.com/

※記事の内容はNo.189(2017年12月22日)発売当時のものになります

この記事が気に入ったら
いいね!とフォローしよう

タンデムスタイルの最新の情報をお届けします