HUSQVARNA スヴァルトピレン401

次のページ
前のページ

SVARTPILEN401のディテール

 

ヤタガイ ヒロアキさんの投稿 2018年6月25日月曜日

 

 

SVARTPILEN401の足つき&乗車ポジション

ハスクバーナ・スヴァルトピレン401の足つき状況。試乗インプレッションライダーは172cmの谷田貝 洋暁
身長172㎝/体重68㎏
シート高835㎜と最近のロードスポーツにしては高めでシート幅もあるため、足つき性はそこそこといった印象で、両足のカカトが3㎝ほど浮く。ただし車体がかなり軽いのでとても支えやすい

 

テールスライドはちょっとやりにくいが、それでもロードバイクのハスクバーナのスヴァルトピレン 401でここまで走れれば十分だろう

SPECIFICATIONS

全長×全幅×全高
軸間距離
1,357±15.5㎜
シート高
835㎜
半乾燥重量
150㎏(燃料含まず)
エンジン型式・排気量
水冷4ストロークDOHC 4バルブ単気筒・373㎤
最高出力
32kW(43㎰)/9,000rpm
最大トルク
37N・m(3.7kgf・m)/7,000rpm
燃料タンク容量
9.5ℓ
燃費(WMTC)
価格
77万7,000円(税8%込)

SVARTPILEN401製品ページ

CONTACT

問い合わせ先
ハスクバーナモーターサイクルズジャパン
電話番号
03-6380-7020
URL
https://www.husqvarna-motorcycles.com/jp/

※記事の内容はNo.196(2018年7月24日)発売当時のものになります

この記事が気に入ったら
いいね!とフォローしよう

タンデムスタイルの最新の情報をお届けします