TRIUMPH スピードトリプルに最上級グレードとなるRSが新登場!2018年春以降に販売開始予定

 

トライアンフの販売する1,050ccの並列3気筒エンジン搭載ストリートファイター・スピードトリプルの2018年モデルが発表された。

 

従来モデルからの変更点は新たに最上級グレードとなるRSが追加されたこと。兄弟モデルとなる765cc版のストリートトリプルにもRSがすでにラインナップされているが、そちらと同様のハイグレードな仕上がりとなっている。

 

 

クランク・ピストン・排気ポート形状の見直しをはじめ、バッテリー&オルタネーターの小型化など、100以上のパーツが新設計されたという1,050cc 並列3気筒エンジンは12.92という高圧縮比とマスの集中化を実現。

これにより、従来モデル比で10PSアップの110 kW(150 ps)/ 10,500 rpmという最高出力を発揮するとともに、レッドゾーンも従来モデル比で1,000rpm高い設定に。

 

最大トルクも117 N・m(11.9kgf・m)/ 7,150rpmと5N・mほどの向上をはたしていて、1994年の初登場以来、歴代でもっともパワフルなエンジンに仕上げられているという。

 

オーリンズ製の前後サスペンションやブレンボ製フロントブレーキ、各部のカーボンパーツなどは従来モデルのスピードトリプルRと同様の装備となるが、新たに5インチのカラー液晶ディスプレイや、クルーズコントロールシステム、キーレスイグニッションなどを標準装備。

 

それに加えて、コンチネンタル製のIMU(慣性計測ユニット)を採用することで、コーナリングABS&コーナリングトラクションコントロールにも新たに対応した。

 

 

新デザインのホイールをはじめ、Arrow製のサイレンサー、マット仕上げのアルミニウム製リヤサブフレーム、レッドのリムストライプ、レッドのシートステッチなど、スタイリング面でもさまざまな専用装備がおごられている。

 

なお、2018年春以降の国内販売開始が予定されており、販売価格などは未定。

 

詳細はトライアンフの公式サイトにて!

 

公式動画

 

SPECIFICATIONS

車名(通称名) Speed Triple RS
全長×全幅×全高 2,075×775×1,070 (mm)
軸間距離 1,445 mm
シート高 825 mm
車両重量 189 kg(乾燥重量)
エンジン種類 水冷 4ストローク DOHC4バルブ 並列3気筒
総排気量 1,050㎤
内径×行程/圧縮比 79×71.4 (mm)/ 12.92
最高出力 110 kW(150 ps)/ 10,500 rpm
最大トルク 117 N・m(11.9kgf・m)/ 7,150rpm
燃料タンク容量 15ℓ
燃料供給方式 フューエルインジェクション
始動方式 セルフ式
クラッチ形式 湿式多板
トランスミッション形式 常時噛合式6段
キャスター/トレール 22.9 º / 91.3 mm
タイヤサイズ 120/70 ZR17
190/55 ZR17
ブレーキ形式 φ320mmダブルディスク&ラジアルマウント対向4ポットキャリパー
φ255mmシングルディスク&片押し2ポットキャリパー
懸架方式 インナーチューブ径φ43mm 倒立フロントフォーク
スイングアーム,シングルショック
乗車定員(人) 2
メーカー希望小売価格 未定

 

TRIUMPH Speed Triple RS 製品ページ

ヒラオ

written by

ヒラオ

イイものはイイ、ダメなものはダメと素直に言いたいだけなのに、基本否定や悪口から入ると周囲から言われる1992年生まれ。バイクだけに限らず、乗り物なら基本的に何でも好きだけど、シンプルな乗り味で自分が操っている感を楽しめるものが好み。