バイク用語辞典

  • ライセンス

    レースや走行会で走るための許可証。各サーキット専用で、ルールやマナーなどの講習を受けて取得するもの。国際モーターサイクリズム連盟(FIM)が発行する国際的なFIMライセンス、MFJが発行する日本国内でのMFJライセンスなどがある。

  • ライダーハウス

    ライダー向けの簡易宿泊所。素泊まりが一般的で普通の宿に比べて宿泊代が極端に安いのが特徴。

  • ライテク

    ライディングテクニック、つまり運転技術の略。停止、加速、コーナリングなど運転に必要な要素のすべてを含む。

  • ライドバイワイヤ

    電子制御スロットル。インジェクションやキャブレターのバタフライバルブの操作をアクセルワイヤーで行なうのではなく、電気信号で操作する方式。現代のトラコンはこの仕組みの採用が大前提となる。出力モード切り換えもこの仕組みを利用して設定することが多い。

  • ライポジ

    ライディングポジションの略。

  • ラジアルタイヤ

    金属製のベルトを組み込むことで、バイアスタイヤよりも剛性が高くなり、高負荷がかかる走りをしても変形しにくい。そのためスポーツ走行に向いており、高性能のアフターマーケットタイヤもたくさん出ている。

  • ラジエター

    水冷エンジンに搭載されるクーラント冷却器。多くの場合エンジンの前部に配置され、走行風によってクーラントを冷却する。エンジンが大きいほど大容量のラジエターが必要になる。

  • ラムエアシステム

    フロントカウルなどに設けられた吸気口から走行風を取り入れ、高密度の空気をキャブレターやフューエルインジェクションに送り込む、ハイパワーを引き出すためのシステム。走行風が勢いよく流れる200km/h以上の高速域で3〜5%ほどパワーアップするとされている。