バイク用語辞典

  • カウル・カウリング

    バイクの外側に取り付けられた、防風や高速域での空気抵抗を少なくするためのパーツ。フルカウルはスーパースポーツモデルなどに見られる、車体全体を覆っているタイプ。ハーフカウルはその名のとおり、フルカウルの上半分を残した形で、ビキニカウルはヘッドライトまわりに取り付けられる小さめのカウル。

  • カウンターステア

    逆ハンドル、逆ハンなどともいう。コーナリング中、アクセルオンで後輪が外側にすべり出してしまった際、バランスを取るため一時的にハンドルをコーナーの外側に向けること。

    ヤタガイ ヒロアキさんの投稿 2018年4月29日日曜日

  • カスタム

    バイクを改造すること。色を塗り直して外装を自分好みにしたり、マフラーサスペンションを交換したりすることをいう。

  • 型式

    車両型式」の欄へ。

  • カフェレーサー

    明確な定義はないが、セパレートハンドル(セパハン)やビキニカウルを装着した、昔のレーサー風公道車両を指す。SR400などをビンテージレーサー風にカスタムしたものが「カフェレーサー風」と呼ばれている。

  • カブる

    エンジンの中で火花を飛ばす重要な役目をはたしているスパークプラグが、ガソリンの不完全燃焼などが原因で機能しなくなってしまうこと。拭いたり磨いたり、ライターで炙ったりすると復活することもあるが、安価なものなので交換してしまってもよいだろう。

  • カプラー

    パーツの交換や整備性を高めるため、複数の配線を簡単に付けたり外したりできるようにしたプラスチック製の端子。

  • カムシャフト

    エンジン内でバルブの開け閉めを担う重要なパーツ。カムシャフトが1回転するとバルブ(あるいはバルブに連結するパーツ)が押され、開く仕組みになっている。ちなみに、一部車両を除き、バルブが閉じるときにはスプリングの力を利用する。

  • 革ツナギ

    レーシングスーツ」の欄へ。

  • 乾燥重量

    車両単体の重量で、燃料やオイル、冷却水などを加算しない状態。最近は車両重量を表示するのが主流。

  • カーボン

    炭素繊維を使った軽量、高強度の素材で、ヘルメット、外装パーツ、社外サイレンサーなどに用いられている。

  • ガスケット

    オイル漏れや排気漏れをしないように、エンジンのつなぎ目や、エキゾーストパイプと排気ポートの間にはさむパーツのこと。